キャッシング 金利

キャッシングの利息はだいたいどのくらいなのか、借りたことのない人には気になるところだと思います。これについては明確に数字を出すことができます。つまり、だいたい18%であるということです。

これは貸金業法によって、最大の利息が決められており、その最大の利息で貸されているからです。厳密には、10万円未満は20%、100万円未満は18%、100万円以上は15%なのですが、総量規制との兼ね合いもあり、だいたいキャッシングで借りるのは10万円以上100万円未満というのが相場ですから、金利は18%と考えておけば、まず間違いないということになります。

 

この18%という金利は高いように感じられるかもしれませんが、これでも安くなったのです。というのは、かつてはグレーゾーン金利というのがあり、もっと高い金利で貸し付けられていました。これが社会問題となり、最高裁がグレーゾーンでの貸し付けを違法であると判断したことから、いわゆる過払いの問題が発生し、消費者金融は窮地に追い込まれることになりました。

 

このような経緯を知れば、上限である18%より下の金利で消費者金融が貸すわけがないことは分かると思います。たしかに下限は4%とか消費者金融の宣伝に書いているというのは事実ですが、これは書いてあるだけであって、それ以上の意味はありません。もちろん、金利を下げるように交渉することはできますが、消費者金融がこれに応じることはまずないでしょう。