キャッシング 金利

消費者金融の審査では返済能力があって信用される事でキャッシングが可能になりますが、前提として収入がある成人以上の方が利用出来るものです。

 

学生ローン等では成人でなくても借り入れ可能な業者もありますが、基本的に消費者金融利用を行う年齢は成人以上という事になり、一般的に年齢は高い方が評価が上がり、低い方が低評価になるという傾向があり、目安としては消費者金融は20後半から30代の方を主な対象に経営しており、60歳過ぎになると評価は下がる事になります。

 

単純に20後半辺りなら働いている方が一般的ですし、収入も増えてきたり在籍年数も長くて信用されやすいという事もあり、60歳を過ぎれば正規雇用で無くなったり年金受給者になっている事もあり、返済能力が低下する事からも評価が変わります。

 

もちろん年齢だけで測れない部分もありますから、他の要素として職種や年収、在籍期間等も含めたチェックになりますが、年齢というものは審査の上でも大きな要素になっており、基準として知っておいた方が良いものです。

 

高収入で安定した職業な程、審査では高評価になりますし、20代後半から30代の正社員で借金が多く無い方は非常に審査に通りやすい傾向にもあります。

 

自営業の場合は高収入だとしても独立して間もない頃ならば低評価になりがちであり、当然の事ですがお金を借りた以上返す必要がありますから無職無収入は利用出来ないようになっています。

 

年齢条件が良くても無職ならば消費者金融の審査に通らないです。